オレンジ歯科・おおいた先端予防歯科 院長ブログ

歯医者が嫌いな予防歯科医の診療風景

メタルコアによる歯牙破折症例01

女性・前歯がグラグラする

 

 僕がメタルコア(金属土台)が大嫌いというのは前にお話しましたが、
こういう感じの症例は典型といいますか。

 左上2番に動揺(+)、デンタルはこう。

f:id:orangedental:20171018223433j:plain

本気で歯を割りにきてるとしか思えない絶望的な太さのメタルコア入ってます。
こりゃ、よっぽど歯を割りたかったに違いない。

歯根も割れてる可能性があったんで、慎重に上部を除去。
幸いコアごと取れてきたが、歯冠が破折している。

f:id:orangedental:20171018223427j:plain

 

セラミックとメタルコアを分離した。
僕的にはもう、見たくもないレベルのメタルコア

f:id:orangedental:20171018223439j:plain

歯根の方は割れていなかったが、かなりダメージは喰らってると思うので、
既成のポストをゆるめに入れてCRでコアを築造し、

f:id:orangedental:20171018223447j:plain

セラミック部分をスーパーボンドで再セット。

f:id:orangedental:20171018223456j:plain

 

 補綴物を入れた歯に対して過剰な力が(変な方向から)かかったとき、その補綴物は歯根にダメージを与えることなく脱離するのが望ましいと僕は考えておりまして、そういう力がかかったときに歯根に太い長いメタルコアが入っていると、補綴物が外れない代わりに歯根がダメージを受けるので、最終的には歯根が割れて抜歯になるわけです。

 いやもう本当、メタルコアなんて20世紀の遺物として扱われて欲しいんですけどね。